オンライン授業でデジタルブックを利用するメリット

新型コロナウィルスの感染拡大によって、各業界に影響を与え、企業ごとに様々な課題が発生しています。

その中でも、教育業界においては、対面型の教室や集合研修など、3蜜になりやすい業界として、教室運営も厳しい状況となっているでしょう。

そんな中、オンライン授業を取り入れている企業も多くなってきており、この先、教育業界においてはオンライン授業が中心となっていくとも考えられます。

そこで今回は、オンライン授業とデジタルブックの親和性についてご紹介していきます。

新型コロナウィルスの感染拡大による影響は教育現場にも

新型コロナウィルス感染拡大により、教育現場も変化せざるを得ない状況が続いています。

パソコンやタブレット端末を利用したオンライン授業の導入

高校や大学をはじめ、スクールなどを運営する教育業界において、タブレット端末などを利用したオンライン授業を導入しているところが多くなっています。

特に、大学などではカリキュラム通り授業を進めるため、講義をオンラインや録画による映像として配信し、課題を与えて授業を成り立たせているというところもあるようです。

オンラインによるリアルタイム対面授業は今後も広がっていく

世界全体が新型コロナウィルスの感染を恐れ、人と距離を取ったり、マスクをしたりするなどこれまでの常識ではない日常が始まっています。

オンラインによるリアルタイムの対面授業は一時のものではなく、この先もずっと続いていくと考えられています。

 

オンライン授業実施による先生の課題

これまでオンラインによる授業実施をしてこなかった企業や先生は、この事態に混乱しているのではないでしょうか。

資料を用意するのが大変

オンライン授業を進めるにあたり、先生や企業が大変なのは資料の用意やシステムの導入、仕組化することではないでしょうか。

特に、資料はこれまで紙ベースだったものをデジタル化することが必須となり、パソコンが苦手という先生や企業にとっては大変な問題です。

授業の運用が大変

また、オンライン授業を進めていく中での運用も、慣れない先生や企業にとっては大きな負担となるでしょう。

授業をどう進めていくか、理解度のチェックや出席確認、課題の確認など、これまで経験のない運用に戸惑う方も多いでしょう。

デジタルブックが実現する教育現場の負担軽減

オンライン授業を進めていく中で、おすすめなのはデジタルブックの活用です。

デジタルブックには、導入コストが低い、資料の作成や配布が簡単というメリットがあります。

導入コストが低い

デジタルブックは、オンライン授業で活用するデジタルツールとしては、導入コストが低いことが大きなメリットとなるでしょう。

通常、オンライン授業を実施するには、様々な機器の導入や、システムの導入が必要になりますが、デジタルブックは導入コストも低く、手軽に始められるという特徴があります。

資料の作成・配布が簡単

また、運用の面においても、資料の作成が誰でも簡単にできるため、先生自身で資料をデジタルブック化でき、生徒にはURLを伝えるだけで良いので、オンラインで簡単に配布できるというメリットがあります。

デジタルブック導入にはこんなにメリットがある

デジタルブックを活用することで、様々なメリットがあります。

音声や動画が利用できる

音声や動画などを活用し、理解を促進することができるため、オフラインの授業では実現が難しい「何度も確認する」ということが可能となります。

教科書間の移動がスムーズ

通常、一つの教科に対して一つの教科書が必要となりますが、デジタルブックを利用することで、デジタル教材として教科書間の行き来が簡単になったり、教科書以外の情報を活用しやすくなったりします。

生徒の利用状況が確認できる

授業を聞いているかどうかは、その場にいて先生が生徒の様子を確認しながら進めますが、デジタルブックを活用することで、生徒の利用状況を把握することができ、閲覧したかどうかをチェックすることが可能です。

また、全員に対してコメントやお知らせを掲載したり、アクセス制限をかけて特定の生徒しか閲覧できないようにしたりするなども可能となるため、運用管理が楽になるでしょう。

その他にこんなことも…

これまでご紹介してきたもの以外にも、以下の様なメリットがあります。

・教科書を持ち歩かなくてもタブレットからすぐに閲覧できる

・ページ内の保存したい範囲を切り抜き収集しておくことができる

・教科書のテキスト情報をコピーして他の資料に貼り付けできる

・教科書からPDFやJPG、エクセルなどのデータファイルをダウンロードできる

・ふせんを貼ったりペンで手書きメモを残せたりできる

・管理側でデジタル教科書の複製が簡単にできる

このように、沢山のメリットがあるため、導入しない手はないでしょう。

まとめ

ここまで、オンライン授業に取り入れるべきデジタルブックについてご紹介してきました。

デジタルやオンラインについて、先生や企業にとっては苦手意識があるかもしれませんが、受講する生徒にとってはオンラインの方が良いと感じる方も多いでしょう。

運用のしやすさなども含め、これからの時代にあった授業スタイルとして、オンライン授業は定着していくことでしょう。

そのためにも、いち早くデジタルブックを導入することをおすすめします。