2018.01.11

Office文書や、紙をスキャンしてデジタルブックを作成する方法

もともとデジタルブックは、パンフレットやカタログなどの印刷物をデジタル化するために生まれました。そのため、デジタルブックにするための元データには、Adobe IllustratorやInDesignなどのDTPソフトで作成されたデザインデータが必要でした。

 

もちろん、現在もそういった需要が主なため、デザインデータを元に作成されている企業が大半です。しかし、中には社内文書やマニュアルのようにデザインデータではなくMicrosoft Wordなどの文書データで作成されたものや、そもそもデータが存在せず紙しかない文書のデジタル化を検討される企業も増えてきています。

 

そこで今回は、文書データや紙からデジタルブックを作成する方法についてご紹介します。

 

(さらに…)

2015.06.01

欲しいドキュメントがすぐ手に入る。検索・切り抜き・収集機能を活用しよう!

総合カタログを管理する企業の販売促進部門から、よく寄せられるお悩みの一つが「いろいろな部門やお客様から、カタログの製品図面や製品写真のデータ提供を求められる…。でもその度に、印刷データの中から画像データを探しだしてメールで画像やPDFデータにして送っているがすごく面倒だ。なにか解決方法はないものか。」というもの。

そんなお悩みに特効薬があります!

 

(さらに…)

2015.05.15

『ライブラリ機能』でデジタルブックをさらに活用しよう!

デジタルブックは、Web上にカタログやパンフレットなど様々なコンテンツを公開できる、非常に便利なツールです。

一冊一冊のデジタルブックの作成は意外に簡単で、面白いほどサクサクと作れ、Webへの公開もあっと言う間にできます。
しかし、冊数が増えてくると、デジタルブックデータをWebサーバへアップロードする作業やサイトから各デジタルブックへリンクを貼る作業など、大変な作業負荷になることがあります。

(さらに…)