[NEW!!]デジタルブックの利用にQRコードの活用をおすすめする理由

デジタルマーケティングが普及してきた中で、マーケティングをデジタルシフトしている企業も増えてきています。
デジタルシフトしていく中で、商品やサービスをデジタルブックで紹介している企業も増えてきており、デジタルブックを利用して様々なサービス展開をしています。

 

今回は、そんなデジタルブックと親和性のあるQRコードの存在や、利用の利点などをご紹介していきます。

 

マルチデバイスという考え方が広まっている

世の中は、デジタルマーケティングが広まっている中で、マルチデバイスという考え方が広まっています。

マルチデバイスとは?

マルチデバイスとは、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、異なるデバイスでも同じサービスを利用することが出来たり、同じ内容を見ることが出来たりするもので、モバイルファーストになった現代においては、欠かせない考え方となっています。

マルチデバイスが必要な理由

マルチデバイスが必要な理由としては、スマートフォンやタブレットの利用者が増え、モバイル端末でも同じようにサービスが利用出来ることをユーザーが望んでいるからです。

 

企業がデジタルブックを活用する理由

なぜ、企業はデジタルブックを利用するようになったのか、理由を見ていきましょう。

雑誌を手にする人が少なくなった

一昔前までは、マスメディアと呼ばれる新聞やラジオ、テレビや雑誌などがメディアの中心となっていましたが、テレビ離れをはじめとする紙面へのユーザー離れから、デジタルコンテンツの需要が増え、デジタルブックへと企業がシフトしてきたと言えるでしょう。

デバイスの進化

スマートフォンやタブレットなど、デバイスが進化してきたことで、デジタルブックを利用してスマートフォンやタブレットなどでどこでも雑誌のように閲覧出来ることから、ユーザーにとって利用しやすいサービスとして広まってきました。

 

スマホ対策へ欠かせないQRコードの存在

スマホ対策が必要な現代において、QRコードは実は欠かせない存在となっています。

QRコードの利点

QRコードの利点は、QRコードを読み取るだけでサービスを利用してもらうことが出来るため、サービス提供側にとってもユーザーにとっても使いやすいサービスと言えるでしょう。
これまでは「〇〇と検索」といった検索ワードを指定している企業が多くありましたが、その場合には企業側もそのキーワードで1位の表示をさせる必要があり、企業にとってはリスクがありましたが、QRコードは必ずそのサービスやサイトへ誘導することが出来るため、利用するべき機能と言えるでしょう。

ユーザーにおけるQRコードの利点

QRコードの利用は、ユーザーにとっても利点が多くあります。

 

簡単にサイトやサービスにアクセス出来る

ユーザーにとっての利点の一つに、簡単にサイトやサービスにアクセス出来るという点があります。
QRコードを読み取るだけでサイトに移行出来るため、簡単操作で利用しやすいのはとても便利です。

独自のコンテンツを利用出来る

独自のコンテンツを用意している場合には、独自コンテンツを提供することが出来るという点も、利点と言えるでしょう。
特別なコンテンツを提供することによって、ユーザーの満足度も上がります。

スマートフォンで移動しながらサービスが利用出来る

スマートフォンで利用出来ることで、移動しながらサービスを利用したり、いつでもどこでも場所や時間に捉われずにサービスを利用したり出来ることも利点と言えるでしょう。

QRコードの読み取りが進化

iPhoneでは、2017年9月にリリースされたiOS11以降の標準搭載されているカメラには、既にQRコードを読み取る機能がついていることや、Androidにおいても、GoogleレンズにQRコードリーダー機能がついているため、読み取りが楽になっています。

 

QRコードとデジタルブックは相性が◎

QRコードとデジタルブックは相性が良く、親和性があると言えるでしょう。

 

ユーザーの使いやすさ

QRコードを利用することで、ユーザーは簡単にサービスを利用することができ、使いやすく、独自のサービスへも移動しやすいというユーザーの使いやすさがQRコードとデジタルブックにおける親和性がある点と言えるでしょう。

独自のコンテンツへ誘導

QRコードを利用して独自のコンテンツへと誘導することによって、ユーザーはパソコンで見るだけではなく、スマートフォン独自のコンテンツを見ることが出来るなど、ユーザーとの関わりを強くすることが可能となります。

 

QRコードを利用したサービス例

最後に、QRコードを利用したサービス例を見ていきましょう。

商品の詳細ページをスマートフォンで

商品を選ぶ際に、QRコードで商品の詳細ページを作り、スマートフォンで商品の詳細情報を見ることが出来たり、360°回転できるようなサービスを作ったりと、商品の詳細をスマートフォンでゆっくり閲覧できるようなサービスをユーザーに提供することが出来ます。

同内容の配布

カタログや雑誌の内容など、パソコンを利用してデジタルブックを見ていたユーザーに対して、同じ内容をスマートフォンで見られるようにしておくなど、移動しながらでも見られるようなサービスを提供することも可能です。

 

まとめ

ここまで、デジタルブックとQRコードの親和性についてご紹介してきましたが、デジタルブックを利用している企業も、これから利用しようと思っている企業も、デジタルブックの利用にはQRコードの利用がおすすめといえるでしょう。

 

まだデジタルブックを利用したことが無いという企業は、QRコードの利用も含めてデジタルシフトしてみてはいかがでしょうか。