デジタルサイネージ(電子看板)導入のメリットや利用シーンについて

労働人口の減少により、近い将来、AIなどの機械と人が共存して協働すると言われています。

これまでチラシ配布などのアナログ的な集客活動を行ってきた企業にとっては、まだまだ先のことと考えるかもしれませんが、現在でもデジタルを利用したマーケティング活動が主流となってきているいま、それほど遠い将来でもないでしょう。

 

デジタルマーケティングには、インターネットを利用するものや電子媒体を利用するものなど様々ですが、今回は特に注目したいデジタルサイネージについてご紹介していきます。

 

デジタルサイネージとはどういったものなのか、何が出来るのかなど確認していきましょう。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、日本語で電子看板や電子広告という名前で呼ばれているもので、駅やデパートなどでよく見かける液晶画面に映し出されている画像や動画などの広告のことです。

 

これまではポスターなどが壁に貼られて店内のサービスや商品の紹介などをしているケースが多かったですが、デジタルサイネージが普及してからは、動画コンテンツや画像によるデジタル広告が利用できるということもあり、デジタルサイネージを利用して販促活動を行っている企業も多くなっています。

 

 

デジタルサイネージが普及した背景

デジタルサイネージが普及してきた背景としては、様々な要因があると考えられますが、大きな要因としては以下の様な部分ではないでしょうか。

世の中がデジタル化してきた

一つ目の理由には、世の中がデジタル化してきたということが挙げられます

インターネットの利用や、SNSの利用者が増えている中で、人々の生活の中にインターネット環境やスマートフォンの存在は欠かせないものとなっています。

 

そのような中、Webマーケティングや動画マーケティング、SNSマーケティングなどを利用する企業が多くなってきており、企業としても、ユーザー数の多いSNSへの広告配信などが無視できなくなってきており、販促媒体の中心がデジタルにシフトしていると言えます。

タイムリーな情報配信

インターネットが代表的な例ですが、現代では、情報は刻一刻と変わっており、常に新しい情報が手に入れられる時代となっています。
そのような中で、常に情報を変更することが出来るデジタルサイネージは、ポスターなどの紙媒体と比べて情報の修正や配信を常に行うことができるため、現代に合ったサービスと言えるでしょう。

 

デジタルサイネージの利用シーンとは

デジタルサイネージの利用シーンは以下のような場所で使われています。

ビルやオフィス

ビル管理会社からのお知らせや、企業内での情報共有などに利用しているケースがあります。
社内だけであればグループウェアなどもありますが、お客様が来られる際などにも利用できるため、取り入れている企業も多くなっています。

店舗

デパートを含める店舗での利用が非常に多くなっており、お店からのお知らせやキャンペーン、お得な商品の紹介など、店舗では欠かせない媒体になっています。

公共施設

駅などの公共施設については、全国各地で利用が広がっており、今ではどのような地域においても、公共施設での利用が目立ちます。

マンション

マンションのエントランスや共有スペースにおいても、お知らせや近隣情報などを配信するサービスを利用することで、居住者を増やす目的や、居住者の満足度向上が期待できます。

 

デジタルサイネージ利用のメリット

デジタルサイネージ利用のメリットは以下の様な部分になります。

タイムリーな情報発信が出来る

デジタルサイネージを利用するメリットとしては、タイムリーな情報発信が出来るという点があります。
常に情報をリアルタイムで変更できるため、チラシのように印刷をし直すことなどが必要ありません。

劣化しない

チラシやポスターと異なり、物理的な劣化がありません。
チラシを手にした人の手の油や湿気などによりチラシはたゆんでしまうことがありますが、デジタルサイネージはそのようなことはありません。

訴求効果がある

チラシと異なり、動きや音声による広告が出来るため、訴求効果があります。
人は動きの付いたものに目が行くため、紙媒体よりも訴求効果が期待できます。

 

もちろん、サイネージにデジタルブックを表示して、その場で立ち読みする、データをスマホやタブレットにダウンロードして持ち歩く、といった活用も可能です。
デジタルブックはサイネージとの相性が良いため、このようなサービスも確認しておくと良いでしょう。

 

【サイネージ型情報スタンド「PONTANA®」】

https://www.mrt.mirait.co.jp/specialcontents/pontana/

まとめ

ここまで、デジタルサイネージとは何か、利用することでどのようなメリットがあるのかなどをご紹介してきました。
デジタル化が進んだ現代においては、企業のマーケティング活動もデジタルを利用した活動が広がりを見せています。
施設や店舗を持つ企業は、デジタルサイネージなどのデジタル媒体の利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 


関連記事

  • 関連記事がありません。