全ページ共通で表示する「お問い合せボタン」の設置方法

お客様から『デジタルブックに「申込みフォームはこちら」や「お問い合せはこちら」などのお問い合せボタン(リンクボタン)を設置したい』との声を聞くことがあります。

 

特定のページにリンクボタンを設置する場合には「コンテンツ設定」や「リンク設定」機能を利用した方法をご案内していますが、どのページを見ていても表示したいとなると、これらの機能では手間がかかってしまいます。

また、リンクボタンを任意の位置に表示するとなると、カスタマイズが必要となってきたりしますので、コスト的にも手が出しづらくなるかもしれません。

 

もし、リンクボタンの位置が全ページ共通で固定の箇所でも問題ないということでしたら、「SNS・外部サービス連携設定」を利用することで簡単に設置できますので、ぜひご利用ください。

ではご紹介いたします。

 

「SNS・外部サービス連携設定」とは

「SNS・外部サービス連携設定」とは、meclibをご契約の方ならどなたでもご利用いただける機能です。

主にTwitterのツイートボタンやFacebookのシェアボタンなど、各SNSが提供している埋め込み用コードを登録することで、ソーシャルボタンをデジタルブックに表示することができます。
※PCではヘッダーの左側に表示され、スマートフォンやタブレットではグローバルメニューに表示されます。

 

全ページ共通で表示できるボタンの設置手順

1.ボタンの画像を用意します

1-1.ファイル名:button.png
※縦:20ピクセル、横:120ピクセル程度の大きさにするとヘッダーに収まるのできれいに表示されます。

 

2.画像をアップロードします

 

2-1.ブックの編集 > コンテンツ設定をクリック

 

2-2.【手順1】で用意した画像を「コンテンツアップロード」よりアップロードします。

3.埋め込みコードを登録します

3-1.ブックの編集 > SNS・外部サービス連携設定の「新規コード登録」をクリック

3-2.出現したウィンドウ内に、デジタルブックに埋め込むコードを登録します。

 

▼以下は登録例になります。(フォームボタンを押したときにフォームを別画面で表示)
————————————————————————————–
●連携用コード:<a href="[フォームのURL]" target="_blank"><img src="./embed/button.png" width="120" height="20" alt="フォームボタン"></a>
●コメント:フォームボタン
————————————————————————————–

以上の操作で設定は完了です。

 

これで、以下のようにデジタルブックにお問い合せボタンが表示されます。

 

もしボタンが不要になったら、SNS・外部サービス連携設定画面に表示されている連携用コード一覧から「無効にする」ボタンを押して無効にするか、「削除」ボタンで削除してください。

 

上記の3つの手順を行うことで簡単に設置いただけますので、設置してデジタルブックを閲覧されているユーザ様からのコンバージョン向上につながれば良いですね。