Skip to main content
ブックの一括登録

大量のデジタルブックは「一括登録」でまとめて作成が便利

meclibをご利用の、またはご利用ご検討中の企業様より、こんなお話を聞くことがあります。

「うちは大量のバックナンバーの冊子を持っていて、全てを一括で電子化できれば、どんなにラクだろうなと思うんだけど・・・」

とか、

「いつも登録するのは同じサイズの冊子なのに、その都度設定して登録するのは面倒・・・」

など。
そこでmeclibでは、「一括登録」という便利な機能があることをお伝えして、大変喜ばれています。
一括登録」とはその名の通り、デジタルブックを一括処理で作成するという機能。あらかじめ冊子のサイズが同じと決まっている場合にご利用いただけます。

 

作成の方法は、

サーバ上の所定のフォルダに FTP で PDF(JPEG)ファイルを含むフォルダをアップロードして、

管理画面で共通の基本情報を適用する形で複数冊のブックをまとめて作成する

というもの。

では、その手順をご説明します。

 

デジタルブックの【一括登録】の手順について

[手順1]デジタルブックの登録情報を設定する

ブック管理の画面から、ブックの作成に必要な基本情報(用紙サイズや利用機能等)の設定を入力します。

[手順2] PDFファイルを FTPでアップロード

  1. 新規フォルダを作成します。フォルダ名は、今から作成するブックの「ブック ID」と同じ名称にします。
  2. 「1」 のフォルダ内に「pdf」フォルダを作成し、その中にブック一冊分の PDFファイルを格納します。
  3.  FTPに「1」 のフォルダごとアップロードします。
    ※ FTP情報はクラウドプランプレミアムコースの開通の際に、meclibのサポートよりお客様にご連絡します。

アップロード先ディレクトリ例

[手順3]ブック管理画面で、自動処理の設定をする

ブックの一括登録を使えば、「毎日処理する」「○日毎に処理する」といった自動処理を選ぶことができるのです。
もちろん、毎回手動操作でブックを作成する場は「自動で処理しない」を選択できます。

これで完了!設定した大量のブックが一括で自動(または手動)作成されます

作成の手順はこんな感じで、いたって簡単です。
これだけの手順で大量の冊子を一括で電子化できるなんて、かなり便利ですね。

メリットは他にもあります!

『FTPでは、アップロードの容量制限がない』

FTPで作成する際にはアップロードの容量制限がありません。
通常の管理画面からの作成では、ブラウザのタイムアウトを防ぐために、システム販売コースとクラウドプランのプレミアムコース・スタンダードコースでは1ファイルのアップロード上限を1GBまでに制限しているのですが、FTPではそのような制限はありませんので安心してアップロードできます。

『複数の作業者がいる場合の管理』

別々の場所で複数人(印刷会社のDTP作業者など)がPDFデータを作成しているような場合、FTPへのアップロードは各地のDTP作業者がおこない、ブック作成の設定や一括登録の実行をおこなう最終的な部分を、責任者が担当するといった安全を図ったブック作成管理にも役立ちます。

『営業時間外の夜間にブックを自動作成』

自動処理の予約設定をすれば、営業時間外にブックを自動作成できるので、日中の営業時間を有効活用できます。

いかがでしたか?

大量のデジタルブック作成がある場合、一つ一つ作成するのでは時間がかかってしまいます。

「ブック作成に掛ける時間を節約したい」

「複数人でスムーズにブック作成をしたい」

と考えているなら、ぜひmeclibの一括登録を使ってみてください。
(「一括登録」はプレミアムコースシステム販売コース限定の機能です)

一括登録について詳しく知りたい方は、弊社までお問い合わせください

また、まずは試しにデジタルブックを作ってみたい、という方は、
30日間無料の試用版がありますので、お気軽にお申し込みください。

30日無料!試用版はこちら