デジタルブックの版を管理する「版管理」とは

「版管理」とはその名の通り、文書の版(バージョン)を管理することです。
冊子などの文書ものを制作していると、それまでのデータを修正して、第2版、第3版と改訂版を作成するということがよくあります。
そして修正を加える前に、上書きせずに、それまでの状態を保存しておきたい場合があります。
いつか過去の状態に戻すことがあるかも知れないから、編集前の状態を保存して置いておきたい、ということもよくあることでしょう。

 


そんな時によくある方法としては、別のブックとして複製・保存することです。

 

この方法でも良いのですが、複製して別のブックになるということは、それまでのブックとは別のURLになる事も考えられますし、ブックの数が増えれば管理が煩雑になってしまいます。
できればブックは1つだけのままで「いつの時点のブック」という管理をしたい。
そんな時、meclibには「版管理機能」という便利な機能があります。
「版管理機能」を使えばブックの数は増やさず、公開しているブックにも影響を与えずに改訂の編集をしたり、過去の改訂履歴の管理ができるのです。

 

それでは、meclibの「版管理機能」を使って、版の管理をおこなう方法を解説します。

■版管理の手順

 

● 現在のブックを版として保存する方法

まず、ブック管理の画面から、

  1. 該当ブックの「版保存」ボタンをクリックし、
  2. 確認画面が表示されるので「OK」を押します。01_02

● 版の内容を確認する

 

  1. 該当ブックの「+展開」ボタンをクリックして、02_001 
  2. 版の一覧表示で、目的の版の「ブックを見る」ボタンから、該当の版の内容を確認します。02_002

●公開対象の版を切り替える方法

 

  1. 目的の版の「公開対象にする」を選択し、 
  2. 確認画面が表示されるので「OK」を押します。03_002

● 版を削除する方法

 

  1. 「+展開」ボタンをクリックすると版の一覧が表示しますので、02_001 
  2. 「削除ボタン(ゴミ箱マーク)」を押すと削除できます。04_001

 

どうですか?
版の管理はカンタンかつとても便利!
ぜひ、meclibの版管理機能を使って、デジタルブックの管理を快適にしましょう。

 

※「版管理機能」は、サーバーライセンスプランクラウドプランプレミアムコースのみでご利用いただけます。

 

また、まずは試しにデジタルブックを作ってみたい、という方は、
30日間無料の試用版がありますので、お気軽にお申し込みください。

 

30日無料!試用版はこちら