いまさら聞けない「デジタルブックとは?」

デジタルブックとは、パソコンやiPhone、Androidなどスマートフォン、iPadなどのタブレット端末などの様々なデバイスで、まるで実物の印刷物のように、ページをペラペラとめくりながら読むことができるウェブアプリケーションのことです。

Webブラウザを使用しているので、パソコンやスマートフォン、タブレットで手軽に閲覧することができます。

 

デジタルブックは紙を使用しませんので、紙資源や印刷コストを大きく削減できます。

 

また、単純に印刷物(紙)のデジタル化というだけでなく、動画や音声といったコンテンツをページ上に配置したり、冊子中のテキストを検索して必要なものを抽出したりと、紙だけでは実現できないデジタルならではの特性があります。
このようにデジタルブックを活かす事で、紙の「読むだけ」の資料から、活用する「情報」へと、印刷物を進化させることができます。
デジタルブックとは、伝達力・訴求力の高い、印刷物の新しい世界を実現するメディアなのです。

 

電子書籍とデジタルブックの違い

 

「デジタルブック」は、

「デジタルブック」は、Webサイト上で冊子を「公開」する事を目的としたメディアです。
データはWebサイトのコンテンツ同様、静的コンテンツの複数のファイル群で構成されインターネットブラウザのみで閲覧することができます。
※標準化されたファイルフォーマットやルールは存在しません

 

「電子書籍」は、

「電子書籍」は、特定の電子書籍デバイスや、専用ソフトウエアで閲覧する事ができる固有のデータ形式であり、インターネットブラウザでは閲覧することができません。
電子書籍の目的は「販売」であり、代表的な電子書籍データ形式としてはePubがあります。

 

デジタルブックで何ができるのか

 

デジタルブックは、インターネットを介してWebブラウザのみで印刷物を閲覧する事が可能なため、企業のカタログ・パンフレットなどといった製品紹介の為の印刷物や、取扱説明書などのドキュメントの公開、スーパーのチラシ、学校案内や各自治体の市報といった官公庁や学校での活用など、様々に活用されています。

 

デジタルブックmeclib(メクリブ)とは

meclib(メクリブ)は、デジタルブック作成システムです。
マルチデバイスに対応しており(完全HTML5対応)、リアルなめくり感、読みやすい操作性のデジタルブックを、お客様ご自信で作成できるクラウドサービスです。
管理画面では、WebブラウザにPDFをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で作成可能。
また、インタラクティブなHTML5コンテンツを紙面上に設定できるオーサリング機能により、お客様のイメージ通りのデジタルブックを作成できます。

 

 

まずは試しにデジタルブックを作ってみたい、という方は、
30日間無料の試用版がありますので、お気軽にお申し込みください。

 

30日無料!試用版はこちら

 

おすすめページ