デジタルブックとは?

デジタルブックとは、インターネット上で実際の冊子をペラペラとめくりながら読むことができるしくみのことです。Webブラウザから閲覧するので、パソコン以外にもスマートフォンやタブレットで手軽に閲覧できます。
今までデジタルブックは印刷物の単なるデジタル化として考えられて来ましたが、現在、特に企業では伝達力・訴求力の高いデジタルブックを導入することでサイトへの集客をうながしたり、紙媒体に費やしていたコストを削減できるといった利点から、利用が拡大し続けています。

デジタルブックとPDFとの違い

PDFファイルは一旦ダウンロードしてから表示しますが、ページ数の多いものになるとデータは重くなりダウンロードに時間が掛かってしまい、表示できるまでにタイムラグが生じます。これが原因で表示するまでに諦めてしまう人が多いというデメリットがあります。
デジタルブックであれば表示に時間がかかりません。
また、PDFでは縦スクロールでページを表示させるのでページ数が多くなると大変見難くなりますが、デジタルブックは実際の本のようにめくって表示するため違和感なく操作し、閲覧できます。

デジタルブックmeclibについて

meclibには動画や音声コンテンツを組み込んだり、ページにリンクを設置したり、必要な情報だけを検索・収集するといったことができます。meclibを使うことで、紙が単にデジタル化した資料ではなくいろいろな活用方法に繋げられ、活用する「情報」へと印刷物を進化させることができます。

実は一般的なデジタルブックの作成方法は…

デジタルブックの作成にはさまざまな方法がありますが、利用者ごとにライセンス契約が必要で作成環境が固定されてしまうものや、バージョンアップの度に購入しなおさなければいけないものがあったり、またソフトウェア購入やサーバ導入など初期に高額な投資や専門知識の習得が必要なものが多くあります。
しかしクラウド型のmeclibは、そのような専用ソフトも専門知識も必要ありません。

クラウド型のmeclibなら、専用ソフトは必要なし。バージョンアップも無償です。

meclibはデジタルブックの作成に必要なシステム自体はクラウドに存在するため、パソコンに専用ソフトをインストールする必要がなく、初期投資にかかる費用を大変抑えられるサービスです。また、アプリケーションのバージョンアップ費用も無償のため、ランニングコストも抑えることができます。

一般的なデジタルブック クラウド型のmeclib
専用ソフト購入 購入する必要がある 必要なし
バージョンアップ費用 費用が発生する 必要なし
サーバ導入 導入する必要がある 必要なし
専門知識の習得 習得する必要がある 必要なし

誰でもどこでもデジタルブックを作成できます。

従来のデジタルブック作成ソフトは、ソフトウェアがインストールされたパソコンでしかデジタルブックを作成できないものがほとんどでした。
しかしmeclibはクラウドシステムなので、専用ソフトをインストールする必要がなく、インターネットに接続できる環境があればどのパソコンでもデジタルブックを作成できます。ライセンス数は無制限なので何人でも利用可能、同時に複数台のパソコンで作成したり、環境の違いを気にせず作成できます。作成方法はPDFを登録するだけ。専門的な知識も必要ありません。

一般的なデジタルブック クラウド型のmeclib
ライセンス数 1ライセンスあたり
1台~数台のパソコンで利用可能
ライセンス数に制限無し!
1ライセンスで、何人でも
何台のパソコンでも利用可能

meclibはHTML5で構成された高機能デジタルブックを作成します

meclibは、iOS・Androidスマートフォンをはじめ、パソコン・タブレットといったマルチデバイスに対応したクラウド型のデジタルブック作成システムです。
HTML5のデジタルブックは、Webコンテンツであるため閲覧に全データのダウンロードが必要はありません。どこから読み始めても読み込みの待ち時間はなく快適に閲覧できます。
そして、Flashを使わないデジタルブックを作成できるため、近年頻発しているFlashPlayerの脆弱性の問題への心配もありません。

デジタルブック作成システムmecrib(クラウドプラン)のサービス概念図

meclibを導入するメリット

  • カタログ・マニュアルのデジタル配信により印刷コストを削減

    印刷物をデジタルブックにする事で、ペーパーレス化を推進し、印刷・配送コストを抑えます。

  • 資料を全てタブレットに収めて、快適で質の高いセールス活動を実現

    セールス活動もタブレット1つで快適に。資料に動画やHTMLコンテンツを加えることで効果の高いプレゼンテーションも可能です。

  • 1ライセンスで、だれでもどこからでも利用可能

    印刷物をデジタルブックにする事で、ペーパーレス化を推進し、印刷・配送コストを抑えます。

  • インターネット接続環境がなくてもデジタルブックが閲覧可能

    ブックデータをアプリにダウンロードすれば、インターネット環境がないエリアでも、デジタルブックを快適に閲覧できます。

他社から乗り換えをご検討のお客様へ